プロフィール

  • 名前 :Vaisu
  • 出身 :青森県
  • 所在 :北海道
  • 所属 :idavoll鯖 ASCII同盟所属

  • LOL Data

  • LOL Data1:LOLKING
  • LOL Data2:OP.GG North America
  • Ranked Season 2015:Gold III
  • Ranked Season 2014:Gold IV

  • LOL Topic

  • Goldを目指すEvelynnのBuild ver1,1
  • Goldを目指すSonaのBuild ver1.0

  • Play Champion

  • TOP:Malphite
  • ico_Malphite.jpg


  • MID:Lux, Morgana
  • ico_Lux.jpgico_Morgana.jpg


  • ADC:Jinx, Caitlyn, Tristana
  • ico_Jinx.jpgico_Caitlyn.jpgico_Tristana.jpg


  • SUP:Sona, Braum, Leona
  • ico_Sona.jpgico_Braum.jpgico_Leona.jpg


  • JUN:,Evelynn, Rammus
  • ico_Evelynn.jpgico_Rammus.jpg




    TweetsWind

    « 夏終了のお知らせ | メインページ | 自分にウソだきゃつかない事 »

    2014年10月12日

    明日夢破れても バスはまた走る

    今日は3本。

    [League of Legends World Championship 2014]
    初めてLOLの大会を観戦していますが、すげー面白いです。
    日本語実況は準々決勝からですが、やってる勢としてはレベルの高さがわかり、
    同じ性能のキャラを使ってるとはとても思えない恐ろしいプレイングでヤバイ。

    準々決勝まで残った北米サーバー代表のTSMとC9がチームとして好きですね。
    全サーバーの中でも最弱サーバーと呼ばれていましたが、
    今回を見る限りではまだまだ期待出来ると思います。

    4強は全てチョン勢とシナ勢といったように特定アジアが強すぎる現状ですが、
    試合自体は面白いので最後まで楽しみたいと思います。

    Sonaちゃんは大会で3回使われましたが、やっぱり厳しいですね。
    JannaやThreshに比べて味方を守る力が足りないと思います。
    大好きなキャラですが・・・ギギギ・・・

    [League of Legends]
    rankedが10月一杯で終わりという事ですが、流石にプラチナは無理ですね。
    現状でも金5と金4を行き来していて一枚進化する必要があると感じてます。

    Sonaちゃんのビルドが最近色々な人が書いているので参考に見直し中。
    銀突破までは黄紫がGoldでマスタリー0/9/21でやってきました。
    現在はwikiに乗ってるビルドから紫をAPに変えて運用中。

    個人的にはGoldの感覚になれすぎてビルド進まなすぎて唸ってる状況。
    確かにレーンの安定度は大きく上がったのは大きな利点。
    でも集団戦になってもマーキュリー無しの事が多く事故率が比較的高い。
    確実にクールダウンは0%なので回転率も悪いで若干不満も溜まりつつ。

    紫はAPじゃなくてGoldでいいかもしれない・・・が・・・うーん。
    紫Goldは10分で180、30分で540と割とバカに出来ない数値。
    AP15とどっちがいいのかって考えると・・・うーん。

    もうちょっと考えていこうと思います。

    [新日本プロレス]
    岡山大会はPPVが無かったので見れず・・・
    YOSHIHASHIとオカダは絶対面白いのはわかってるのになぁ。
    ワールドプロレスリング待ちです、北海道は3週遅れ・・・ギギギ。

    両国大会前ですが、今年のドームタイトルマッチ予想。
    中邑vs柴田は11月に大阪でやると思うのでドームじゃないかなと予想。

    IWGPヘビー:AJスタイルズ vs オカダ・カズチカ
    IWGPインター:中邑 vs 飯伏 (vs 棚橋?)
    IWGPヘビータッグ:アンダーソン&ギャローズ vs 後藤&柴田

    IWGPJrヘビー:田口 vs ケニー
    IWGPJrタッグ:ヤングバックス vs タイムスプリッターズ

    Never無差別級:裕二郎 vs 内藤

    NWA世界タッグ:テンコジ vs KES

    タイトルマッチだけで7カード組めるのか・・・多すぎだろう。
    今後の動向で変わるかもしれないのは以下かなぁ。

    棚橋 vs 内藤、中邑 vs 柴田、裕二郎 vs 飯伏
    アンダーソン&ギャローズvs後藤&真壁

    両国の結果で4割は決まると思うので楽しみにしたいと思います。

    今回は以上の3本。

    投稿者 Vaisu : 2014年10月12日 08:14

    トラックバック

    このエントリーのトラックバックURL:
    http://operationsrw.net/mt/mt-tb.cgi/345