プロフィール

  • 名前 :Vaisu
  • 出身 :青森県
  • 所在 :北海道
  • 所属 :idavoll鯖 ASCII同盟所属

  • LOL Data

  • LOL Data1:LOLKING
  • LOL Data2:OP.GG North America
  • Ranked Season 2015:Gold III
  • Ranked Season 2014:Gold IV

  • LOL Topic

  • Goldを目指すEvelynnのBuild ver1,1
  • Goldを目指すSonaのBuild ver1.0

  • Play Champion

  • TOP:Malphite
  • ico_Malphite.jpg


  • MID:Lux, Morgana
  • ico_Lux.jpgico_Morgana.jpg


  • ADC:Jinx, Caitlyn, Tristana
  • ico_Jinx.jpgico_Caitlyn.jpgico_Tristana.jpg


  • SUP:Sona, Braum, Leona
  • ico_Sona.jpgico_Braum.jpgico_Leona.jpg


  • JUN:,Evelynn, Rammus
  • ico_Evelynn.jpgico_Rammus.jpg




    TweetsWind

    « 人の振り見て我が振り直せ | メインページ | 夏の終わり »

    2014年07月16日

    道無き道を切り開く時

    色々ありすぎて更新出来ませんでした。
    風邪で体調崩した6月頭。
    ワールドカップ敗退でギギギギギしてた6月中旬。
    新日本プロレスの札幌大会が神カードばっかりで吹いた6月後半。
    親が旅行に来るということで部屋の大掃除に明け暮れる7月。

    いやー忙しいっすねーほんま。

    [FIFA ワールドカップ2014]
    一番楽しみだったスペインvsオランダがある意味凄い試合でしたね。
    ファンペルシーもロッペンもやっぱり凄いわ。
    スペインの決定力不足は毎年の事ですが、対策されたら尚更でしたね。

    日本の敗退の一番の原因はコンディション調整の失敗でしょうね。
    全てが運動量にかかっていた日本のサッカーが崩壊した要因。
    采配とか呼ぶメンバーとか色々ありますが一番はこれでしょう。
    対策は絶対に可能なはずなので二度と同じミスはしないで欲しいです。

    バルセロナのパスサッカーからレアルの高速カウンターに
    現代サッカーの流れが変わってきているような気がしますね。
    どちらも好きだしどっちがいい悪いとは思いませんが、
    どちらも出来るようになるのが理想なんじゃないでしょうか。

    相手に合わせて柔軟に戦術を変えられる事が一番強い。
    オランダもスペインを倒すために5バック戦術を使いましたし、
    自分たちのサッカーの幅を広げる事が今後の課題になってくるでしょう。

    まだ日本は自分たちのサッカーを作り始めている段階なので難しいですが、
    過去のドン引きサッカーをも戦術に加える事でもっと強くなると思うよ。

    ドイツの優勝はあまり予想してませんでしたが妥当だと思いますね。
    安定して力を出していたし、メンバーのスペック的にも非常に高い。
    決勝トーナメント開始時点ではオランダかブラジル予想でした。
    MVPはノイアーでいいと思うんだけどなぁ・・

    [新日本プロレス関連]
    BEST OF THE SUPER Jr XXIの優勝予想は田口だったんですが外れましたね・・・

    でもKUSHIDAvsリコシェの決勝は納得のカードだと思います。
    今年のBOSJの集大成として非常に良かったと思います。
    生で見に行きたかったなぁ・・・来年こそ行くでござる。

    DOMINIONはリコシェvs飯伏が神すぎて他が霞みましたね。
    あれは現代プロレスの最先端かつ最高級の戦いだったと思う。
    俺がプロレスを好きになった原点であり、期待していたそのもの。
    久々に見ないとプロレス見てる意味がないと思える試合でした。

    タイムスプリッターズも勢いそのままで良かったです。
    ヤングバックスから取れるのはこのチームくらいだろうなぁ。

    その後はKUSHIDAが飯伏から取り、裕二郎が石井から取りましたが、
    若干結果が読めてたのがうーんな感じでしたね。
    KUSHIDAは納得出来ますが裕二郎はダメやでほんま。
    環境変わったんだから一皮向けないと脇役で終わってしまう。

    きたえーるには参戦決定してるので超楽しみやでえええええ。
    一番期待は棚橋vs飯伏、初対決を生で見れるのはすげー嬉しい。
    丸藤vs中邑に匹敵する好カード、いやー楽しみ。

    [Ragnarok Online]
    特にありません


    今回は以上の3本。

    投稿者 Vaisu : 2014年07月16日 00:08

    トラックバック

    このエントリーのトラックバックURL:
    http://operationsrw.net/mt/mt-tb.cgi/342